病気の時の尿の色

尿の色は病気を発見するサインである!

毎日当たり前のようにトイレに行き、排泄をしていると思います。
けれど、それは当たり前のことではなく、身体が健康だから出来ているのです!
尿は、腎臓に送られた血液がろ過されて、老廃物と水が一緒に体外へ排出されたものです。
ですから、腎臓がきちんと働かないと、自力で尿を排泄することも不可能になるわけです。

健康診断を受診する際にも、必ず尿検査を行うでしょう。なぜなら、尿を調べることによってあらゆる病気が発見できる可能性があるからです。
もちろん病院で専門の機械を通すことで、目では確認できない尿中のあらゆる成分を調べることが出来ます。
けれど私達は自分で尿の色やにおいなどを確認して、身体の異常に気付くことが出来るのです!
特に尿の色は、病気を発見するサインだと思って下さい。

正常の色は黄色〜琥珀色の透明な尿なのに、それがいきなり赤や茶色などの尿に変わったら、どなたでも異常に気づくことでしょう。
尿は私達に「身体の中で何か異常事態が起こっています!今すぐ病院へ行って下さい」というサインを送っているのです。

こちらのサイトでは、あらゆる尿の色と病気の関係性についてご紹介しています。
事前に知識を入れておくことが、病気の早期発見につながるかもしれません。是非、その他の項目もチェックしておきましょう。